院長 藤村三良

当院は1984年に開業し、36年目に入りました。

長い臨床経験、経過観察に基づき、お子さまからご高齢の方まで

かかりつけ医として、今あなたに何が必要かを一緒に考えます。

研鑽に努め、ここに来て良かったと思っていただけることを目指しています。

お口の中は、ご自分で手入れをなさらないと長く快適に保つことはできません。

当院は治療後も、定期的な健診を通して

歯をたいせつにしようとされる方のお手伝いを、全力でいたします。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 アインシュタインの言葉にこういうものがあります。


 「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。
  自分の無知に気づけば気づくほど、よりいっそう学びたくなる。」


 そしてまた


  「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」


 というのもあります。

 毎日の臨床では、「やった!」と叫びたくなるほどいい結果が出る場合もありますし、自分の実力不足で歯科雑誌の巻頭を飾るような具合には行かないものもあります。後者の場合にはかなり落ち込みますが(自分が未熟なもので)と、正直に申し上げていると患者さんに逆に励まされたりもします。


 38年目に入った自分の歯科医師人生を振り返ってみますと、いつも喫緊の問題に苦しみ、それを解決した時に喜ぶ、そんな日々だったような気がします。

 苦しい時に励ましてくれるのは勉強を通して得た仲間ですし、うまく行った時に評価してくれるのもそういった仲間です。自分の歯科医師人生の最大の幸運はそういう仲間に出会えた事かもしれません。

                             ( 2019 )

院長の歯周病論文が

歯科専門雑誌、

歯界展望2月号に掲載

医歯薬出版「歯界展望」2015年2月号、「天然歯を守る」Case26です。

なお、院長の過去のその他の論文は       に掲載されています。

2015 3月 熊本県歯科医師会館で講演